ストレートネックでお悩みの方へ

ストレートネックによくある症状

  • 真上を
    向くことが
    つらい

  • スマホを
    長時間触ってしまう

  • めまいや
    頭痛の
    症状がある

  • 首や肩に
    こりを感じる

スマホやパソコンだけでないストレートネックの原因

「ストレートネック」という言葉を聞いたことはありますか。

 

近年スマホやパソコンを使う方が多くなり

ストレートネックになる方も増えていると言われています。

 

家事や読書などもストレートネックを引き起こす要因になると考えられるため、

どのような方にも起こる症状と言えます。

 

ここではストレートネックについての原因や予防法をご紹介いたします。

ストレートネック改善メニュー Recommend Menu

ストレートネックは首だけでなく全身に影響する場合があります

ストレートネックは現代病の1つとも言われています。

その理由は、便利になった近年の日常生活に潜んでいることが考えられます。

こちらでは、ストレートネックの原因と症状についてご紹介します。

 

【ストレートネックについて】

 

首の骨(頸椎)は7つの骨から構成されています。

頚椎は通常であればS字に緩いアーチを描いていますが、このアーチによって重さのある頭を支えているのです。

ところが、頭が前傾してしまうといった不自然な姿勢でいることで、このアーチが崩れ、真っすぐな形状になることがあります。

このような状態をストレートネックと言います。

 

【ストレートネックの原因】

 

ストレートネックは日常の不良姿勢が大きく関係しているとされています。
具体的には次のような動作が挙げられます。

・長時間のスマホやパソコンの操作

みなさんも画面に集中すると自然と頭が前に突き出てしまったことはありませんか。
頭が前傾する姿勢は首の筋肉が緊張しやすくなり、ストレートネックに繋がることが考えられます。

頭が前傾する動作として、読書家事といった日常的な動作が挙げられます。

・筋力の低下

加齢や運動不足などによって首回りの筋力低下がみられる場合、うまく頭の重さを支えられなくなることがあります。
そうなることで首に過度の負担がかかりストレートネックを引き起こすことが考えられます。

このことからストレートネックは若い方のみならず、高齢の方にもみられる傾向にあり、幅広い年代に発症すると言えます。

 

【ストレートネックの症状】

 

ストレートネックが発症すると次のような症状を誘発する可能性があります。

・首や肩のこり

頸椎の形が変形することにより首や肩まわりが緊張しやすくなります。
この緊張がこりとなって現れ、違和感を覚えることがあります。

・冷えやむくみ

ストレートネックにより頸椎に変形がみられると血管やリンパを圧迫する場合があります。
それによって血行不良を引き起こし、冷やむくみの症状に繋がることがあります。

・自立神経失調症

首には多くの神経が通っているため、ストレートネックによって神経が圧迫されることで自立神経失調症のような症状が現れる場合があります。

日常的なストレッチがストレートネックの予防に繋がります

ストレートネックは骨の形状が変化している状態を指します。

変形してしまった骨を正常な状態へ戻すことは容易ではないため、一番大切なことはストレートネックを引き起こさないための予防をしっかりと行うことです。

こちらではストレートネックの対処法に加えて、日常的に行える予防法についてご紹介いたします。

つらい症状に悩まないためにも今日からできることを始めてみましょう。

 

【ストレートネックの対処法】

 

・不良姿勢を取らないようにする

猫背や頭が前傾してしまう不良姿勢はストレートネックを引き起こす大きな要因となり、症状の悪化にも繋がるとされています。
そのため日常生活の姿勢を意識するように心がけることが大切です。

イメージとして、頭が天井から釣られ、胸を張って肩の力を抜き骨盤を起こすことを意識しましょう。
着座時の姿勢についても上半身は同様で、肘や膝が直角になるよう座りましょう。

・休憩を挟み作業をする

パソコンや読書などの際は、こまめな休憩を挟むことを習慣にしましょう。
長時間同じ姿勢でいることで血流が悪くなり、筋肉のこりを誘発することが考えられます。

具体的な策として、1時間作の作業に対して10~15分の休息がおすすめです。
長く座っている時間が続くようであれば、立ったりして姿勢に変化をつけていきましょう。

 

【ストレートネックの予防となるストレッチ】

 

身体の筋肉が硬くなると、良い姿勢を取ることも難しくなることが考えられます。

そのため、日頃からストレッチを行い、筋肉の柔軟性を高めることが大切です。

中でも肩甲骨~背中の筋肉を柔軟に保つことで正しい姿勢を取りストレートネックを予防することに効果的であると考えられています。

●首周囲のこりをほぐすストレッチ

①ゆっくりと呼吸をしながら首を左右に曲げます。
この時目線は前を向いたままです。
左右5秒ずつキープします。

➁前後に首を曲げます。
いずれも5秒ずつキープしましょう。
反動をつけると筋肉を傷めるので注意します。

●タオルで肩甲骨を動かす

①両手でタオルの端を持ち胸の前に突き出します。

➁ゆっくりと呼吸をしながら両手を頭の上にあげます。

③頭の上の位置から頭のうら~首の位置にタオルをもってきます。
肩甲骨が開かれるのを意識しながら無理のない範囲で行います。

中央整骨院(高根台院)の【ストレートネック】アプローチ方法

ストレートネックは主に頸椎の4番目と5番目の変位により首が前に出ていることがみられます。

前に出てしまう原因として首をまっすぐに保つ筋肉が硬くなってしまっていたり、頸椎の根元である骨盤のゆがみが出てしまったりとさまざまな原因が考えれらえます。

当院でのストレートネックに対する施術は主に2つあります。

1つ目はアジャスターという振動を与える機械を使用した施術です。
背骨の腰の部分から首にかけて振動よる刺激を与えることで骨格の矯正を図ります。
振動による刺激を与えることで背骨の中を流れる脊椎駅の循環を良くし、運動機能を向上させ首を元の位置へと戻す効果が期待できます。

2つ目は楽トレという機械で、電気刺激を患部周辺に与え、弱まっている筋肉を強化していきます。
首を正しい位置で保つための筋肉が向上することでより安定した姿勢を保つことに繋がります。

 

【ストレートネックに対する施術方法】

 

■経穴(ツボ)へのアプローチ

痛みが出ている部分の経絡とその経絡に属している経穴へアプローチを行います。 経絡は全身を巡っているため、痛みが出ている部分だけでなく離れたところにある経穴などにもアプローチを行い、症状の根本改善を目指します。

■テーピング

痛めた筋肉に沿うようにテーピングを行うことで、筋肉の補助をし負担を減らすことを目指します。

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードと言われる器具を使い、固まってしまった筋肉や痛みが出ている筋肉に擦るようなかたちで施術します。 硬い筋肉や傷ついた筋肉の筋膜を滑らかにし、筋肉の回復を促します!

■ドレナージュ
【EHD】

背中や首、顔や頭などの筋肉を緩めていきます。 ヘッドスパのようなもので、とても心地の良い施術です。 最近頭痛がする、すっきりと眠ることができないなどの症状がある方におすすめです。

■猫背矯正

猫背になってしまう原因として普段の姿勢が原因となっていることが多くみられます。 施術は全身の矯正や骨盤の矯正を行い、固まってしまった筋肉を緩ませていきます。

著者 Writer

著者画像
院長:秋本 芳仁(アキモト ヨシヒト)
資格柔道整復師鍼灸師
出身:北海道
生年月日:8月29日
血液型:A型
趣味:ランニング、ハイボール作り
患者さんへ一言
身体が辛い時はどんな事でもご相談ください。
ストレスフリーな身体を目指し、共に健康を目指しましょう!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高根台中央整骨院
住所〒274-0065 千葉県船橋市高根台1-8-3
最寄:新京成線 高根公団駅から徒歩2分
駐車場:5台
                                 
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】高根台中央整骨院 公式SNSアカウント 高根台中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高根台中央整骨院 公式SNSアカウント 高根台中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高根台中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中