膝の痛みでお悩みの方へ

膝の痛みによくある症状

  • 膝の痛みで
    歩行がつらい

  • 立ち上がる際
    膝に痛みが
    生じる

  • 休んでいても
    膝に痛みが
    ある

  • スポーツ中
    膝にケガを
    したことがある

膝の痛みは日常生活に支障をきたすことがあります

膝は歩く・座るなどといった動作において、

動きをスムーズに行うための重要な部位のうちの1つです。

 

そのため、膝に痛みや違和感があることで生活に支障をきたし、
安定した生活が送りづらくなることも考えられます。

 

膝の痛みはスポーツをしている学生をはじめ、

高齢者の方など幅広くみられる症状です。

 

高いパフォーマンスを発揮することや、元気な生活を送るためにも
膝に痛みを引き起こす原因を理解し対処・予防していきましょう。

 

こちらでは膝の痛みについての原因や対処法・予防法についてご紹介しています。

膝の痛み改善メニュー Recommend Menu

膝には日常生活に欠かせない役割があります

歩く・座る・立つといった動作を円滑に行うためには、膝は重要な部位と言えます。

膝の不調によって日々の動作が制限されることが考えられ、ストレスに繋がることもあります。

膝の痛み、それに伴う動きの制限などに悩まないためにも、膝の痛みに対する原因をしっかりと把握しておきましょう。

 

【膝の役割について】

 

まず膝の役割についてご紹介します。

膝には大きく分けて2つの役割があります。
1つ目は地面からの衝撃を和らげる、2つ目は自身の体重を支えるといった役割が挙げられます。

人間は歩行時に体重のおよそ2~3倍の負荷が脚にかかっていると言われています。
その負荷を緩和し、バランスを取るための重要な役割を担っています。

 

【膝の痛みの原因】

 

膝の痛みを引き起こす原因は次のようなことが考えられます。

●変形性膝関節症

膝関節の軟骨がすり減り、骨が変形してしまっている状態を変形性膝関節症と言います。
主に加齢膝周辺の筋力低下誤った身体の使い方などによって生じることがあります。

●膝関節靱帯損傷

膝関節靱帯損傷は、膝に急な外力が加わることで膝の靱帯が損傷するケガを指します。
痛みを現れている状態を放置してしまうと、半月板損傷に繋がる場合があります。

●半月板損傷

半月板は膝のクッションの役目を担っている組織のことを言います。
スポーツによるケガ加齢により半月板を損傷してしまうと、膝に痛みを生じることがあります。
人によっては膝に水がたまり可動域に制限が出てしまうことがあります。

●関節リウマチ

関節リウマチは若年層から中年層と幅広くみられる症状で、関節の腫脹や痛みこわばりがみられます。
リウマチは免疫異常による病気を言います。
軽傷の場合は手足に、重症の場合は全身に症状が現れる場合があります。
それに加えて微熱倦怠感が生じることもあります。

日常的に取り入れられる膝の痛みへの対処法

膝の痛みにアプローチできる対処法や予防法は、日頃から取り組めることも多くあります。

できることから始めて、安定した生活を送ることを目指していきましょう。

 

【膝の痛みに対する対処法】

 

膝に痛みを感じる場合、次のような対処法が効果的とされています。

<ケガや病気が由来の場合>

●安静

半月損傷版・膝関節靱帯損傷といったケガの場合、激しい痛みや可動域制限がみられることもあるため安静が第一です。

●患部を温める

受傷からある程度時間が経過すると、患部周辺に筋肉の硬直がみられることがあります。
湯舟にゆっくり浸かるなど患部を温めることで筋緊張の緩和が期待できます。

●サポーターなどの使用

サポーターなどを使うことで、患部にかかる負荷の軽減や保護としての役目も期待できます。

 

<ケガ以外の場合>

●姿勢を正す

猫背や脚を組むといった不良姿勢は骨盤のバランスを乱すことに繋がります。
骨盤のバランスが乱れることで日常生活において膝への負担が増すことが考えられるため、不良姿勢の改善はとても大切です。

座っている時も立っている時も骨盤を起こして胸を張り、頭が上からつるされているようなイメージの姿勢を意識しましょう。

 

【膝の痛みの予防法】

 

膝の痛みを引き起こさないためにも、日々の生活で予防に取り組むことが大切です。

●ストレッチ

運動の前後、入浴後などにしっかりとストレッチを行うことで、膝の痛みの発症を抑制することが期待されます。
入念なストレッチを行うことで、膝まわりの筋肉の柔軟性を向上させることが大切です。

●適度な運動

適度な運動は筋力アップやストレス発散、血流促進などさまざまなメリットが期待できます。
特に全身を動かすウォーキングがおすすめです。
終業後に一駅前に降りて少し歩いてみることや、休日に散歩をすることから始めてみましょう。
無理のない範囲で取り組み、膝の痛みの発症リスクの軽減を目指しましょう。

中央整骨院(高根台院)の【膝の痛み】アプローチ方法

膝の痛みの原因として 筋肉の拘縮関節のアライメント不良などが挙げられます。

当院の膝に対する施術は主に2つあります。

1つ目がハイボルト療法です。
硬くなり働かなくなってしまった筋肉を活性化に導くことで、膝の負担を減らし痛みを和らげる効果が期待できます。

2つ目が骨格矯正・関節調整です。
普段の歩き方などにより関節のアライメントがずれてしまうと痛みが出てしまう場合があります。
関節の調整や、歩行のアドバイスなどを行います。

 

【膝の痛みに対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

複数の筋肉に高電圧の電気を流し、痛みの原因である筋肉を探っていきます。
効果として弱っている筋肉を一過性に活性化に導くことや、炎症を抑えることなどが期待できます。

■経穴(ツボ)へのアプローチ

痛みが出ている部分の経絡とその経絡に属している経穴へアプローチを行います。 経絡は全身を巡っているため、痛みが出ている部分だけでなく離れたところにある経穴などにもアプローチを行い、症状の根本改善を目指します。

■テーピング

痛めた筋肉に沿うようにテーピングを行うことで、筋肉の補助をし負担を減らすことを目指します。

■骨格矯正

骨盤は背骨の根元を担っています。
骨盤のゆがみは骨だけでなく、背骨に付いている筋肉や骨盤に付いている筋肉にもゆがみが生じてしまうことがあります。 骨盤の矯正はとても重要になります!
施術は主に、骨盤周りの矯正を行います!

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードと言われる器具を使い、固まってしまった筋肉や痛みが出ている筋肉に擦るようなかたちで施術します。 硬い筋肉や傷ついた筋肉の筋膜を滑らかにし、筋肉の回復を促します!

■ドレナージュ
【DPL】

背中や首、顔や頭などの筋肉を緩めていきます。 ヘッドスパのようなもので、とても心地の良い施術です。
最近頭痛がする、すっきりと眠ることができないなどの症状がある方におすすめです。

■カッピング

プラスチックのカップを筋肉に当て、機械でカップ内の空気を吸うことで筋肉を引っ張ります。
血液の循環や新陳代謝の向上が期待できるため、硬くなってしまった筋肉や傷ついた筋肉の修復が目指せます。

■鍼灸

鍼は髪の毛ほどの細さのものを使って施術を行います。
筋肉やツボへのアプローチを行うことで、痛みの症状の根本改善を目指します。
お灸は筒に入ったものを使って行うため、心地よい暖かさで施術を受けていただけます。

■温熱療法

温熱療法では罨法で局所的に温めることや、お灸を使い全身を温めて血流の改善を目指します。

著者 Writer

著者画像
院長:秋本 芳仁(アキモト ヨシヒト)
資格柔道整復師鍼灸師
出身:北海道
生年月日:8月29日
血液型:A型
趣味:ランニング、ハイボール作り
患者さんへ一言
身体が辛い時はどんな事でもご相談ください。
ストレスフリーな身体を目指し、共に健康を目指しましょう!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高根台中央整骨院
住所〒274-0065 千葉県船橋市高根台1-8-3
最寄:新京成線 高根公団駅から徒歩2分
駐車場:5台
                                 
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】高根台中央整骨院 公式SNSアカウント 高根台中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高根台中央整骨院 公式SNSアカウント 高根台中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高根台中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中