四十肩・五十肩でお悩みの方へ

四十肩・五十肩によくある症状

  • 肩の
    上げ下ろしが
    つらい

  • 肩回りが
    重く感じる

  • 衣類の着脱が
    難しい

  • 夜中に
    痛みで目覚める
    ことがある

四十肩・五十肩は肩こりと別の対策が必要です

肩に痛みや重だるさ、動かしづらさを肩こりと思って放置していませんか。

 

「肩に痛みを感じて夜中に目が覚める」

「腕が挙げづらい」

といった症状は四十肩・五十肩である場合があります。

 

四十肩・五十肩を引き起こすことで家事や仕事がしづらくなるなど、

日常生活へ大きく影響することが考えられるため早期に対処を行いましょう。

 

こちらでは四十肩・五十肩について
原因・対処法・予防法をご紹介します。

四十肩・五十肩改善メニュー Recommend Menu

急な痛みが現れる四十肩・五十肩について

四十肩・五十肩は別名「肩関節周囲炎」という症状で、中年以降に多くみられる症状です。

鋭い痛みや可動域制限がみられるため、適切な予防や対処が重要になります。

そのため、まずはなぜ四十肩・五十肩が起こってしまうのか知ることが大切です。

こちらでは、四十肩・五十肩の症状・原因についてご紹介しています。

 

【四十肩・五十肩の原因】

 

四十肩・五十肩の原因について、医学的にまだ明確な原因は解明されていないとされています。
ですが、四十肩・五十肩の名前の通り、中高年を中心に症状がみられることから主に筋力低下が関係していると言われています。

筋力低下を引き起こす要因については次のようなもことが挙げられます。

●加齢

筋肉は動かす頻度が少なくなるほど機能が低下していくと考えられます。
歳を重ねることで運動の機会が減ることで筋肉の機能低下がみられ、四十肩・五十肩に繋がることが考えられます。

●不良姿勢

肩には重い頭を首とともに支える重要な役割があります。
猫背やストレートネックなどの不良姿勢によって頭の重さがうまく分散されなくなることが考えられます。
肩に負荷が蓄積されることで炎症を発生させる場合があります。

●肩や腕への疲労蓄積

日常生活において、重い荷物を持つことやバッグを肩にかけるといった動作を頻繁に行うことで肩に疲労が溜まりやすくなります。
疲労が蓄積することで肩まわりの筋肉が緊張し、柔軟性が失われることも四十肩・五十肩の原因として考えられます。

 

【四十肩・五十肩の症状】

 

四十肩・五十肩が発症することで次のような症状がみられることがあります。

●夜間痛

就寝時にも痛みが生じ、眠りを妨げることがあります。

●関節の可動域制限

肩を挙げる・ベルトを通す(結帯動作)・髪を結ぶ(結髪動作)といった動作がしづらくなる場合があります。

四十肩・五十肩は時期に合わせた適切な処置を行いましょう

四十肩・五十肩は時間が経過することにより症状が推移するため、時期ごとに対処方法も異なります。

時期に合わせた適切な処置を行うことで、症状の早期回復や再発防止が期待できます。

適切な対処法、さらには症状の発生リスクを軽減するための予防法を把握しておきましょう。

 

【四十肩・五十肩の対処法について】

 

四十肩・五十肩は発症からの時間経過によって急性期・慢性期・回復期に分けられます。
それぞれの時期に適した対処法についてご紹介します。

●急性期の対処法

発症からおよそ3週間程度の期間を急性期と呼びます。
この時期は患部に強い炎症がみられるため次のような対処法を行いましょう。

・アイシング

患部の炎症軽減を図るためにはアイシングが効果的です。
氷のうや保冷剤を使用し、患部に当てるようにしましょう。
長い時間冷やしすぎてしまうと凍傷となるおそれもあるため、15分を目安に冷やすようにしましょう。

・安静

無理して患部を動かす動作を取ると炎症を拡大させてしまうことがあります。
無理な行動は避けて安静を心がけましょう。

●慢性期の対処法

急性期を過ぎ慢性期となると、症状は鈍い痛みや重だるさへと変化してきます。
急性期でアイシングや安静にしていたことから、患部周辺の筋硬直がみられることもあるため次の対処法を行うことが効果的です。

・ストレッチ

急性期によって生じた筋硬直の緩和を図るためには、ストレッチが効果的です。
痛みを感じにくい範囲まで伸びをしたりすることで筋肉の柔軟性を取り戻すことが期待できます。

・患部を温める

慢性期では炎症が緩和してくるため、湯船にゆっくり浸かることや、適度な運動を積極的に行うことで血流促進に努めましょう。
しかし患部を温めることで痛みが強くなるような場合は、もう少し急性期の対処法を取るようにしましょう。

●回復期の対処法

回復期になると可動域も広がり患部が動かしやすくなります。
患部を積極的に動かすことを心がけ、柔軟性の向上を目指しましょう。
筋肉の緊張が緩和されることで再発予防にも繋がります。

 

【四十肩・五十肩の予防法】

 

四十肩・五十肩が引き起こされると家事や仕事がしづらくなるなど日常生活に大きく影響します。
安定した生活を過ごすためにも症状を未然に防ぐことがとても大切となります。
日々の生活に取り入れらる予防法については次のようなことが挙げられます。

●ストレッチ

四十肩・五十肩を予防していくためには肩甲骨まわりの柔軟性が非常に重要となります。
柔軟性の向上を図るストレッチについてご紹介します。

①肩幅程度に足を開き立つ
②両肘を曲げ、両手こぶしを胸の前に持っていく
・その姿勢から、両手こぶしより上に両肘を引き上げる
(V字を腕で作るように)できるところまで肘を挙げる
そのまま5~10秒キープ
・肘を軸にして左右の肩甲骨を引き寄せるように胸を開く
・脱力し休む

・湯船にゆっくり浸かり身体を温める

日々の時間に追われ入浴をシャワーのみで済ませている方も多くいらっしゃいます。
湯船にゆっくり浸かることで血流促進が期待できるほか、リラックス効果も望めるため意識して入浴の時間をつくるように心がけましょう。
38-40℃のややぬるめのお湯で15分程度、しっかりと肩まで浸かると良いでしょう。

中央整骨院(高根台院)の【四十肩・五十肩】アプローチ方法

当院での四十肩・五十肩に対する施術は主に2種つあります。

四十肩・五十肩の原因として回旋腱板と言われる筋肉群が固まってしまうことが考えられるため、そこに対するアプローチを行います。

1つ目にハイボルト療法という施術で弱ってしまった筋肉に刺激を与えるこ とにより、活性化に導き動きの可動域や痛みの改善を促します。

2つ目に鍼施術で筋肉や肩に流れている経絡を疎通に導き、可動域や痛みの改善を目指します。

 

【四十肩・五十肩に対する施術方法】

 

■ハイボルト療法

複数の筋肉に高電圧の電気を流し、痛みの原因である筋肉を探っていきます。
効果として弱っている筋肉を一過性に活性化に導くことや、炎症を抑えることなどが期待できます。

■経穴(ツボ)へのアプローチ

痛みが出ている部分の経絡とその経絡に属している経穴へアプローチを行います。
経絡は全身を巡っているため、痛みが出ている部分だけでなく離れたところにある経穴などにもアプローチを行い、症状の根本改善を目指します。

■テーピング

痛めた筋肉に沿うようにテーピングを行うことで、筋肉の補助をし負担を減らすことを目指します。

■骨格矯正

骨盤は背骨の根元を担っています。
骨盤のゆがみは骨だけでなく、背骨に付いている筋肉や骨盤に付いている筋肉にもゆがみが生じてしまうことがあります。
骨盤の矯正はとても重要になります!施術は主に、骨盤周りの矯正を行います!

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードと言われる器具を使い、固まってしまった筋肉や痛みが出ている筋肉に擦るようなかたちで施術します。
硬い筋肉や傷ついた筋肉の筋膜を滑らかにし、筋肉の回復を促します!

■カッピング

プラスチックのカップを筋肉に当て、機械でカップ内の空気を吸うことで筋肉を引っ張ります。
血液の循環や新陳代謝の向上が期待できるため、硬くなってしまった筋肉や傷ついた筋肉の修復が目指せます。

■鍼灸

鍼は髪の毛ほどの細さのものを使って施術を行います。
筋肉やツボへのアプローチを行うことで、痛みの症状の根本改善を目指します。
お灸は筒に入ったものを使って行うため、心地よい暖かさで施術を受けていただけます。

著者 Writer

著者画像
院長:秋本 芳仁(アキモト ヨシヒト)
資格柔道整復師鍼灸師
出身:北海道
生年月日:8月29日
血液型:A型
趣味:ランニング、ハイボール作り
患者さんへ一言
身体が辛い時はどんな事でもご相談ください。
ストレスフリーな身体を目指し、共に健康を目指しましょう!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高根台中央整骨院
住所〒274-0065 千葉県船橋市高根台1-8-3
最寄:新京成線 高根公団駅から徒歩2分
駐車場:5台
                                 
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】高根台中央整骨院 公式SNSアカウント 高根台中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高根台中央整骨院 公式SNSアカウント 高根台中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高根台中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中