高根公団にある中央整骨院は、肩・腰・膝の痛み、身体の歪み、スポーツの怪我に対応しています

体の歪みと痛み、スポーツの怪我なら高根公団の中央整骨院へ
トップページ当院の紹介当院長の紹介治療内容スポーツ外傷患者さんの声よくある質問

2017年1月29日(日)をもちまして日曜診療を終了致しました。
日曜・祝日に診療をご希望の方は津田沼院へお越しください。

目標は、地域で一番の整骨院って
言ってもらえるようになること!

身体に痛みを感じていても、どこに行けばいいか分からず、そのままにされている方はたくさんいらっしゃいます。
しかし、中には早く治療できれば治る病気や怪我もたくさんあります。
中央整骨院の目標は、何かに困ったとき、何かに悩んだ時、まず第一に相談に来てもらえる整骨院でいることです。
例え整骨院で治療できない症状でも、「痛い」となったらすぐに中央整骨院を思い出してもらえるように、地域No.1目指して日々がんばります!
2019. 8. 6
夏バテ予防
皆さん、こんにちは!
暑い日が続いていますが、夏バテなどで体調は崩していませんか?
夏バテという名称は医学的な用語ではなく、高温多湿な日本の夏に見舞われる体調不良の総称です。
主な症状には、「疲れが取れない」「寝不足」「食欲がなくなる」などがあり、次のような原因が背景に考えられます。
@屋内外の温度差による自律神経の乱れ。
猛暑の屋外から冷えきった室内に入ると温度差により自律神経の不調を招きます。
自律神経の乱れは胃腸障害や倦怠感、食欲不振などを引き起こします。
A高温多湿の環境下での異常発汗。
高温多湿の環境や長い時間直射日光に晒されると、体温調節が上手くできなくなり、過剰な発汗により身体が水分不足に陥って夏バテを引き起こします。
B熱帯夜による睡眠不足。
寝苦しい夜が続くと睡眠不足が疲労を蓄積して全身の倦怠感を深めていきます。
こうした夏バテの諸症状を予防するには、次のような生活習慣を意識してください。
@室内での過ごし方を工夫しましょう。
室内外の温度差が5℃以上になると、自律神経は乱れやすいので、エアコンの設定温度は上手に調節しましょう。
Aこまめな水分補給をしましょう。
のどが渇いたと感じた時には、既に身体の脱水がはじまっていますから、水分は、早め・こまめに摂取しましょう。
B睡眠で疲労を回復しましょう。
22時〜2時の間は成長ホルモンの分泌が活発になります。
この時間帯を逃さないように睡眠時間を確保しましょう。
C栄養価の高い食品を摂りましょう。
食欲不振の時は、玄米、豚肉、鰻、豆類、山芋などの良質なタンパク質、高エネルギー、高ビタミンの食事を心がけて疲労を回復し、夏に負けない生活を送りましょう。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 7. 1
暑さと睡眠不足
こんにちは!
暑い日が続きますが、皆さん、いかがお過ごしでしょうか?
今年の夏はどれくらい暑くなるのでしょうか?
去年の夏は100年に一度の猛暑といわれるほどで、アメリカでは気温が50℃を超えて山火事が発生しました。
熱中症関連のニュースでは、ご高齢の方にクーラーを利用するよう呼びかけていましたね。
しかし、クーラーは快適な環境と引き換えに身体を芯まで冷やし、自律神経を乱してしまうことがあります。
自立神経が乱れると1日に必要な睡眠時間が不足して睡眠負債を引き起こします。
睡眠負債とは、借金のように積み重なった睡眠不足による疲労が体調不良を起こすことです。
日本は睡眠負債大国といわれ、最低限の睡眠時間、6時間を確保できている方の割合が、20歳以上で4割ほどです。
さらに熱帯夜の続く夏場は、冷房をつけて就寝したために身体を冷やして眠りが浅いという方も少なくありません。
そんな睡眠負債が身体に与える影響にストレスがあります。
人間は就寝中にストレスや嫌なことなどをリセットしますが、あまりストレスが強いと睡眠障害を起こしてしまいます。
次に血圧が上昇すると交感神経優位となり、アドレナリンというホルモンが放出されることで概日リズム(体内時計)が乱され、入眠を難しくします。
循環器疾患のリスクにもつながるので注意が必要です。
そして集中力が失われると疲労感や倦怠感が解消されにくくなります。
本来、疲れや怠さなどは睡眠によってリカバーされるますので、人間にとって必要不可欠なものです。
子どもは早く寝ないと大きくなれないといいますが、大人にとっても睡眠はとても大切です。
健康で長生きする秘訣は良質な睡眠への心がけです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
2019. 6. 3
梅雨対策
皆さん、こんにちは!
体調はいかがでしょうか?
これからジメジメとした日の続く梅雨時は、古傷が痛んだり、頭痛や食欲不振、だるさや疲労感などに悩まされることが多くなります。
その原因には気圧の変化、代謝や体温の低下といった影響が考えられます。
蒸し暑くなると身体は水分を欲しますが、適度な循環が保たれていないと体内に水分がどんどん溜まってしまい、足のむくみや手足の冷えを発生させます。
こうした梅雨の時期特有の不調を改善するには、水分代謝を引き上げることが重要になります。
その方法の一つが利尿作用を高めることです。
カフェインの摂りすぎは好ましくありませんが、カリウムやカフェインを含んで利尿作用のあるコーヒーや紅茶を適度にいただくのは効果的です。
また、これから出回りはじめる夏野菜も水分、カリウムともに豊富です。
ただし、身体を冷やす作用があるので調理の際に熱を入れたり、生姜やネギなどと一緒に摂るようひと手間かけてください。
そして、身体は筋肉でも水分代謝をしています。
筋肉は大きく分けて、心筋、平滑筋、骨格筋の3種類ありますが、身体を動かすための骨格筋は、運動や負荷をかけることで筋肉量を増やすことができます。
代謝量は筋肉量に比例して引き上げられるので、鍛えることで水分を体外に排出する能力が高まっていきます。
食事だけに気を配っても代謝量は概ね決まっているので、どこかで代謝量を引き上げなければいけません。
年齢とともに筋肉量は減少しやすくなりますが、何もしなければ表層だけでなく深層の筋肉も落ちてしまいます。
ですから、できる範囲で運動を習慣にして、代謝に欠かせない筋肉を落とさないよう努めてください。

交通事故の施術も行っています!

中央整骨院では、交通事故による怪我や後遺症の施術も行っています。
ムチウチや手足のしびれ、腰痛、頭痛、めまい、耳鳴り、吐き気など、例え軽い症状でも気になる方はご相談ください。
交通事故は治療が長引く傾向が強く、また、数日後〜数ヵ月後に症状が出ることもあります。
後遺症が残らないためにも、痛みなどの症状を感じたら早めの治療をお勧めします。
ご不明な点がございましたら、お問合せページからメールをいただくか、047-467-9126までお電話ください。

院長からのお知らせ
お問い合わせ
2019. 8. 15
受付時間変更のお知らせ
8/28(水)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━
2019. 8. 6
さよなら!ポッコリお腹
ドローインをマスターしよう

◆仰向けになってドローイン
・仰向けになり脚を肩幅に開き膝を立てる
・鼻から息を吸い下腹部を膨らませる
・下腹部をへこませ息を吐き、30秒キープ

◆立ったままドローイン
・壁を背にして爪先を90度開く
・体を壁につけるようにゆっくり息を吐く
・手のひらを返し、小指を体に付け息を吸ってお腹をへこませて5秒キープ

呼吸の動きを利用してお腹を引き締めるドローインはダイエット、便秘の改善など嬉しい効果がいっぱいです!

━━━━━━━━━━
2019. 7. 17
受付時間変更のお知らせ
7/24(水)は勉強会のため、午後は4時からの受付となります。
なお、午前は通常通りです。

━━━━━━━━━━
2019. 7. 1
体幹トレーニングで腰のトラブルを撃退!

◆腰回りのインナーマッスルに効く
・四つん這いになり右脚と左手を上げる
・右脚と左手が水平になる様に伸ばす(10秒キープ)

◆腰の安定に役立つメニュー
・仰向けになり足を肩幅に開き膝を立てる
・鼻から息を吸う
・下腹部をへこませるように息を吐く(30秒キープ)

◆股関節やお腹周りを鍛える
・仰向けになり足を肩幅に開き膝を立てる
・腰を浮かせ足を組むように左脚を右脚に乗せる(10秒キープ)

強いインナーマッスルを味方につけて楽に動ける身体作りを
未経験でも1から教えます