骨折でお悩みの方へ

骨折によくある症状

  • 転んで
    骨折をした

  • スポーツ中の
    接触で
    骨折をした

  • 応急処置を
    知りたい

  • 骨折を
    早く
    回復させたい

骨折には適切な処置で早期改善を目指しましょう

骨折はスポーツ時における接触強い衝撃などにより引き起こされることが多くみられます。

また、スポーツ時以外にも日常の行動の中でも発生することもありあます。

 

骨折というと、骨が完全に分裂している状態を

イメージされる方が多くいらっしゃるのではないでしょうか。

ですが、いわゆるヒビと呼ばれる症状も骨折に含まれます。

 

一般的なケガと比較して激しい痛み強い腫れが伴い

回復には月単位での時間がかかることも少なくありません。

 

骨折の症状を早期改善していくためにも

受傷時に適切な処置をすることが重要です。

骨折早期回復メニュー Recommend Menu

骨折はいくつかの種類・症状に分けられます

骨折といっても、いくつかの種類に分けられ、症状も異なる場合があります。

こちらでは、骨折の分類や主な症状について詳しくご紹介しています。

適切な対処を行う上でも、症状について詳しく知ることが大切です。

 

【骨折の程度による分類】

 

骨折は主に、完全骨折と不完全骨折の2つに分けられます。

●完全骨折

骨が完全に折れて離れてしまっている状態のことを言います。

●不全骨折

骨の一部が傷ついたり折れているが、部分的に結合がみられる状態のことを言います。
ヒビ、亀裂骨折、骨膜下骨折、陥凹骨折など)

 

【骨折の種類・原因】

 

骨折の種類はいくつかあり、それに伴う原因も異なります。

●外傷性骨折

骨に大きな外力が加わることで発生した骨折のことを指します。
コンタクトスポーツでの衝突をはじめ、日常生活における転倒転落事故などでも発生する場合があります。

●疲労骨折

同じ局所に繰り返しの負担が加わり続け、疲労が蓄積することで発生する骨折のことを言います。
日常的にスポーツをしている方に多くみられる傾向にあり、発症を誘発する具体的な行動として次のようなことが挙げられます。

・マラソンなどの長距離走
・バスケやバレーなどのジャンプ運動の繰り返し
・ゴルフのスイング

などが挙げられます。

●病的骨折

骨に病的な異変があることで、わずかな外力によって骨折した場合を言います。
骨の強度が低下してしまう原因としては、骨粗鬆症骨腫瘍がんの骨転移などが挙げられます。

 

【骨折の固有の症状】

 

一般的な外傷症状である疼痛腫脹機能障害や、骨折には次のような固有の症状が伴うことがあります。

●異常可動性

骨が完全に折れてる場合、関節以外の箇所で骨が通常いくはずのない方向に動いてしまっている状態のことを言います。

●軋轢音(あつれきおん)

折れた骨同士がぶつかることで、軋轢音というきしむような音を覚える場合があります。

●転位と変形

完全骨折において、骨が元の位置からずれてしまう(転位)ことで、見た目にも変形がみられる場合があります。

 

【骨折における全身症状】

 

骨折の程度によっては、次のような全身症状がみられることがあります。

●ショック症状

骨折の部位によっては大量の内出血が起こり、強い疼痛により神経が過剰に興奮し全身の血液循環のバランスを崩してしまうことがあります。
ショック症状としては顔面蒼白全身の冷や汗四肢の冷感虚脱脈拍が触れなくなるといったことが特徴として挙げられます。

●発熱

全身に発熱症状がみられるのは炎症症状が体内で起きているためです。
2〜3日間程度に渡り、37〜38℃の微熱が続くこともあります。

早めの対処で早期改善を目指しましょう

骨折は予期せぬ時に発症すると言えるでしょう。

そのような外傷に対しては応急処置を行う必要があり、その正しい方法を認知しておくことが大切です。

応急処置には「RICE処置」が一般的に知られていて、効果的な処置方法とされています。

 

【RICE処置】

●Rest(安静)

Restは疼痛や炎症を悪化させないためのケアです。
骨折をした患部を極力動かさずに安静に保つことが何よりも重要です。

●Icing(冷やす)

Icingは腫脹や炎症を悪化させないために骨折部位とその周辺を冷やしたタオル氷のうなどを使いアイシングします。
長時間のアイシングは凍傷の原因になるため、15分を目安に冷やすように注意しましょう。

●Compression(圧迫)

骨折による炎症で内出血や腫脹を起こす場合があります。
内出血や腫脹を防ぐため、弾性包帯テーピングを使って患部を圧迫する必要があります。
弾性包帯やテーピングを行うことで症状が悪化したり、血流不良が起こることも考えらえるため使用は一時的に留めましょう。

●Elevation(挙上)

骨折部位を心臓よりも高い位置に上げることで腫れの軽減が目指せます。
すると骨折部位の炎症の拡大を防ぐことが期待できます。

応急処置対応をした後は、なるべく早く医療機関に行きましょう。

 

【骨折の予防法】

 

●適度な運動習慣をつける

人間は加齢に伴い骨の強度が低下し骨折のリスクが高くなることが考えられます。
骨の強度を低下させないためには適度な運動が効果的であるとされています。
骨は負荷をかけることで強度を上げようとする仕組みが働くため、ウォーキングなどの全身運動を行うことで適度な負荷が骨にかかるためおすすめです。

●転倒の予防

予期せぬ骨折を少しでも減らすために転倒の予防に努めることもまた大切です。
室内で滑り止めのスリッパを使うことや床にものを置かないようにするといった工夫が挙げられます。
屋外であれば段差に気を付けるなどケガをしないよう自己の意識を周りの環境に向けてみましょう。

 

【骨折の治癒過程について】

 

骨折は回復までの時間経過によって4つの時期に分けられると言われています。

受傷直後は炎症期と言い、炎症によって痛み・腫れが強く現れます。
それから仮骨形成期になり仮の骨が形成されるようになります。
さらに仮の骨の強度が強くなる(硬くなる)仮骨硬化期、本来の骨が再造形されるリモデリング(再造形)期と言った回復の経過をたどります。

中央整骨院(高根台院)の【骨折】アプローチ方法

当院での骨折に対する施術は整復固定を行います。

骨折によりずれてしまった互いの骨を正しい位置で整復を行い、正しく癒合するように完全固定を行います。

※医師の同意が必要になる場合があります。
ただし応急処置は可能です。

 

【骨折に対する施術方法】

 

■保険施術

骨折・捻挫・挫傷・打撲といったケガに対して適用になります。
電気療法、ボディケア、罨法が保険内の施術内容です。

 

■特殊固定具

基本的には固定療法を行います。
重症なケガの場合はしっかりとした固定、安静必要になるため、プライトンやアルフェンスなどを使っての固定を行います。

 

■ハイボルト療法

複数の筋肉に高電圧の電気を流し、痛みの原因である筋肉を探っていきます。
効果として弱っている筋肉を一過性に活性化に導くことや、炎症を抑えることなどが期待できます。

 

■CMC筋膜ストレッチ(リリース)

ブレードと言われる器具を使い、固まってしまった筋肉や痛みが出ている筋肉に擦るようなかたちで施術します。
硬い筋肉や傷ついた筋肉の筋膜を滑らかにし、筋肉の回復を促します!

 

著者 Writer

著者画像
院長:秋本 芳仁(アキモト ヨシヒト)
資格柔道整復師鍼灸師
出身:北海道
生年月日:8月29日
血液型:A型
趣味:ランニング、ハイボール作り
患者さんへ一言
身体が辛い時はどんな事でもご相談ください。
ストレスフリーな身体を目指し、共に健康を目指しましょう!
 
   

当院おすすめメニュー Recommend Menu

当院のご紹介 About us

院名:高根台中央整骨院
住所〒274-0065 千葉県船橋市高根台1-8-3
最寄:新京成線 高根公団駅から徒歩2分
駐車場:5台
                                 
受付時間 土・祝
9:00〜
12:00
-
15:00〜
20:00
14:00~
17:00
-
定休日は日曜です

【公式】高根台中央整骨院 公式SNSアカウント 高根台中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高根台中央整骨院 公式SNSアカウント 高根台中央整骨院ではFacebook・Instagram・LINEを運用中!

【公式】高根台中央整骨院
公式SNSフォローお願いします!

  • 新しい施術のご案内をしています
  • 受付時間変更などのご案内をしています
  • LINE[公式]で施術のご案内配信中